妊活しているときに葉酸を飲み忘れたときの対策とは

妊娠25

妊活のときには葉酸のサプリを飲んで補給する人が増えています。毎日習慣を作って飲むようにしていれば葉酸が不足してしまうことはありませんが、飲み忘れてしまったときにはどうしたら良いのでしょうか。すぐに飲み忘れた分を飲んだ方が良いのか、その分はスキップしてしまって問題ないのかを自分で判断できるようになりましょう。

まずは摂取した葉酸の量を大まかに考えてみよう

サプリ35

葉酸サプリを飲み忘れたときに、すぐに飲む方が良いのか、もう飲まなくて良いのかを判断する上で重要なのは、まずどれだけ葉酸を摂取したかを思い返してみることです。

あくまでサプリは食事で不足してしまう栄養を補うためのものなので、十分に葉酸を摂取できていればサプリを飲む必要はありません。葉酸は過剰に摂取した分も少しは体内に蓄積する傾向があります。そのため、ビタミンCなどのように常に摂取し続けることが重要というわけではありません。

一日か二日くらいの間にどんな食生活をしていたかを考えてみて、葉酸をすぐに摂る必要があるかを判断しましょう。

かなり葉酸を摂っていたなら飲む必要はないと考えられるでしょう。逆にほとんど葉酸を摂れていないなら、すぐに飲んだ方が良いと考えることが可能です。妊活中は葉酸不足の状況を長引かせないことが大切であって、一日だけ葉酸がちょっと足りないということがあってもあまり大きな問題は生じません。

それよりは葉酸の過剰摂取になってしまって、ビタミンB12欠乏性貧血の症状がマスクされてしまうなどのトラブルが発生するリスクを下げた方が良いでしょう。貧血の状況では妊娠しにくいだけでなく、自分も胎児も健康を維持するのが難しくなってしまうからです。

次にサプリに含まれている葉酸の量を見てみよう

葉酸が不足しているというときにはサプリを飲もうと考えれば良いのですが、その前にサプリに含まれている葉酸の量を確認しておきましょう。妊活中は一般的には一日に480マイクログラムの摂取が推奨されています。通常は240マイクログラムで良いのですが、妊娠する可能性がある人や妊娠中の人の場合には多めに摂取しておいた方が胎児にとって良いという統計データがあるからです。

上限量は1000マイクログラムだということも念頭に置いて、サプリを飲んでも上限に達しないかどうかを調べておきましょう。もしサプリには480マイクログラムも入っているという場合に、400マイクログラムは摂取できているというのなら飲むとかえって良くない可能性があります。

大まかにしか葉酸を摂取した量を計算していないはずなので、もしかするともっとたくさん摂取してしまっている可能性があるからです。このようなときは少し時間を置いてサプリを飲んだ方が良いでしょう。一方、100マイクログラムしか摂取できていないというのならすぐに飲んだ方が良いと考えられます。

サプリによって一粒に含まれている葉酸の量は違うので、適切な量を計算して補うようにしましょう。

葉酸の量が足りていないならすぐに飲んでしまおう

すぐに飲んで補給したいけれど、本当に葉酸のサプリはいつ飲んでも良いのかと疑問に思う人もいるかもしれません。いつも食後に飲んでいる、就寝前に飲んでいるといった習慣作りをしている人ほど、他のタイミングでは問題があるのではないかという懸念を抱きがちです。

しかし、基本的には葉酸は栄養素の一つなのでいつ飲んでも大丈夫です。食後の方が吸収率が良いという考え方や、空腹時の方が食事由来の葉酸との競合がないので吸収される量が増えるという考え方もありますが、微々たる違いなのでそれよりもきちんと摂取することの方が大切でしょう。

先延ばしにしてしまうよりもすぐに飲んだ方がまた飲み忘れる心配もありません。気づいたときに飲むのがベストと言えます。

量的に多いなら飲み忘れて良かったと考えよう

実は葉酸を含む食べ物を積極的に食事に取り入れているから葉酸が足りていたという場合には、葉酸のサプリを飲む必要はありません。飲み忘れたお陰で過剰摂取が問題になることがなく、良かったと思うようにしましょう。

ただ、これを機会にして本当にサプリを飲み続けた方が良いのかを見直した方が良いかもしれません。食生活がうまく切り替えられていて、普段から妊活に必要なほどの葉酸を摂取できているのならサプリをやめてしまっても問題ないからです。

あるいは通常の人に必要な240マイクログラムは摂取できているというのなら、葉酸の含有量が比較的少ないサプリに切り替えた方が良い可能性もあります。妊活用のサプリは含有量が多いので注意しましょう。葉酸の摂取量が多いときに調節しやすいサプリを選ぶのも良い方法です。

サプリは一日一粒で良いものもありますが、三粒から九粒くらいに分けられているものもあります。今日はたくさん葉酸を摂れたから三粒のうち一粒だけにしておこう、今日は食事をろくにとれなかったから多めにしておこうといった飲み方をすることができるでしょう。

自分で葉酸の摂取量を管理するようになると、粒の数が多いサプリほど使い勝手が良いと感じるようになります。飲み忘れをきっかけにして摂取量を意識するようになったら切り替えを考えてみるのも賢明です。

妊活の味方!葉酸の必要性とは?

飲み忘れないようにするための対策を考えよう

妊娠38

最後に重要なのが、また飲み忘れて困ってしまわないようにすることです。飲み忘れてしまってもそれほど大きな問題はないですが、飲み忘れが続いてしまうと葉酸不足になってしまうかもしれません。飲む習慣を作るのは重要なことなので、どうしたら飲み忘れないかを考えてみましょう。

食事のときには毎回飲むようにする、朝起きたらまず飲む、寝る前に飲むといった形で、他のことと結びつけて飲む習慣を作るのが効果的です。一日三回なら食事と一緒にするのが簡単ですが、仕事をしている人は昼に飲むのを忘れてしまうことがあります。

その場合には朝食、夕食と結びつけ、さらに起床後か就寝前に飲むようにすれば良いでしょう。一日一回ならどのタイミングでも構わないので、毎日必ずすることと結びつければ大丈夫です。必ずしも食事や睡眠とつなげて考える必要はなく、家事を一通り終えたら飲む、仕事から帰ってきたら飲むといった方法でも問題ありません。

人によってベストなタイミングは違うので、自分なりに考えることが大切です。このタイミングなら絶対に忘れないと思えるのがいつかをよく考えて習慣を作りましょう。